上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. --/--/--(--) --:--    スポンサー広告 | comment :-

ニニ家の現在の状況を説明します。

前々回の記事の続きになるのかな?
陽性の検査結果の連絡を頂いた後に病院へ今後の流れについて話をしてきました。
更にそれから1週間が経過したので、そのあたりのことを書きたいと思います。


まずは飼い主の事。

10月31日、人に感染していないか、まずは俺(TAkabON)だけ検査に行ってきた。
10日程で検査結果が出るらしいのでもうそろそろかなと思う。
ちょっと心配しているのが、1ヵ月ほど前に1週間ほど微熱が続いたり、
先週も2日間だけだったが発熱したりと、短期間に連続して発熱しているだよね。

それと、症状のない人は保険が適応されないらしく、約10000円ほどかかってしまうようなので、
まず保険が適応出来る(症状があるから)俺だけ先行して検査をしてみる事にしたのです。
俺が陰性だった場合、全く症状のないMiicoも陰性だろうという考えのもとです。
因みに今回検査をして頂けるところを、市川市保健所、並びに病院に確認してたところ、
とりあえず2件確認がとれました。

1つ目:浦安市川市民病院の内科
2つ目:順天堂浦安病院の内科(呼吸器)
で検査してもらえるそうです。

今回検査して頂いたのは浦安市川市民病院です(家から近かったから)。
保険適応で初診料あわせて3040円でした。
保険非適応の場合は7800円との事です、参考までに。


ここからはニニの事。

11月3日、抗体検査を受けた病院(以下A病院)へ行く。

10月19日にニニが受けた検査は抗体検査というものです。
しかし抗体検査では菌を確定出来るわけではないみたいなのです。
つまりブルセラ以外の何か別の要因で反応してしまった可能性も0ではないという事、らしい。

ただニニの場合320倍という数値なので、ブルセラ症感染への可能性は限りなく大きいのかもしれません。
しかし100%断定も出来ないのも事実だと思ったので、その数%にかけてみたかったのです。

そこで登場するのが血液培養での検査方法です。
血液培養では菌そのものを確定出来るらしいのです。
血液培養をして白黒ハッキリさせたいと考えました。

しかし、
11月3日の診察の時には培養をしてくれる機関を見つけらなかったと報告され、
抗体検査の結果を指標として治療を開始しますかと言われましたが、
再度、培養をしてくれる機関を調べて頂く様にお願いしただけで終わりました。

その他、ブルセラ症に関して質問しようとした所、
待たせている患者?がいるので後でよいかと言われ待たされる・・・。
(こっちだって1時間くらい待ってようやく診察に至ったんだよと内心思ったが)
で、待たされた結果、不確かなことは言えないので、ちゃんと調べ後日回答すると言われる。
ま、確かに不確かなこと聞かされるより、正確な回答を望むのでそれで承諾はしたものの、
ブルセラ症に感染した仔と生活をしていく上での注意点やアドバイスなども全くされなかった。
いくら病院が混んでいるからとはいえ、もう少し親身になってくれても良いのにな~っと病院に対して不安と不満だけを得る結果になった。

後日(11月5日)病院に対してブルセラ症の質問メールする。

現在は諸々報告待ち~な感じです。
(メールの返信はさっきあった)

・・・が、現在状況が少し変わってきました。
血液培養自体しなくてもいいかなと思ってきた。
いや、しないと思う。

不安と不満だけを得たA病院からの回答をただぼ~っと待ってるだけなんて事は出来るはずもなく、
ブルセラ症に関する情報収集と、陽性だった事を周囲へ報告など自分なりに頑張ってみた。

その結果この数日で色々新しい発見をする事が出来た。


まずは2つの新たな病院。
とても評判が良いという情報を得られたので、まずはそこでお話を聞かせて頂こうと考えました。
(以下B病院とC病院)

本来なら1度病院へ足を運びお話を伺おうと思ったのですが、
B病院へ電話をしたら、聞きたかったことすべて電話で答えてくれました。
とても丁寧に、とても親切にお答えしてくれました。

まず、そこで得た情報を書きます。


抗体検査で陽性と結果が出たのなら、
血液培養をするまでもなく、結果は陽性なんだと思うと。
理由は、ブルセラ菌に反応して産まれる抗体を調べる検査だからということ。
つまりブルセラ菌がなければそんなに高い数値の結果は出ないだろうと。
更に、血液培養をしたとしても、菌自体見つけられない可能性もある。
ブルセラ菌はとても小さいしからって理由だった(多分)。
更にPCR法というDNAの検査でも同じようなことは言えるらしい。

ただそれでも菌と特定出来る検査をしたいのならば、
血液培養って手段もあるかもしれないが、
やはりこちらでも検査機関自体見つからないとの事だった。

後は抗体検査にも何種類かあり、
今回新たに教えて頂いたものはIFA法というものだった。
ニニが受けた検査だと、陰性、擬陽性、陽性の3段階の結果に対して、
IFA法だと陰性か陽性の結果だけだという。
こっちの検査方法の方が信憑性も高いらしい。
この検査はモノリスでしてもらえるらしいです。
ただ採血だけならどの病院でも平気みたいですよ、
それをモノリスへ送って検査してもらえるので、と言ってた気がします。

IFA法の検査もすれば、2種類の抗体検査をしたことになり、
より精度の高い結果を得られると思うから、受ける価値はあるが、
やはり受けるまでもなく陽性だと思うとの事。

治療方法は抗生物質の投与になり、しかも高容量だという。
高容量の長期投与になる可能性があり副作用があるかもしれないと。
ただ事例がないのでどんな副作用が起こるかは分からない。

その他細かい事まで色々と教えて下さいました。
ただB病院の先生の考えとしては、一度キャリアになった犬はたとえ薬で陰性になったとしても、
一生室内犬として(外に出さない・散歩にも行かない)生活をしていった方が良い、というお考えでした。

正直かなり凹む・・・。



次にC病院へ電話をした。
とても忙しそうで電話での対応はその時は無理そうだったし、もともと直接お話を伺いたいと思っていたので、
早速昨日(11月8日)病院へ行ってきた。

診察室へ案内されまず椅子を出してくれた。
そしてゆっくり、丁寧に、本当すごく丁寧に色々と説明して下さいました。

そこで得た情報を書きます。


まず検査の事。
検査機関で、陽性と反応が出たとすれば、
検査結果に誤りがないように、何度も検査を繰り返すはずで、その上で「陽性」という結果だったはず。
つまりニニの320倍という検査結果のみで陽性と判断してまず間違いないだろうという事。

オスとメスとでは、オスのほうがメスより排尿による排菌は3~10倍もあるが、
前立腺で菌が繁殖するので、ニニの場合はすでに去勢をしていて、
去勢をすると前立腺が縮小するので、菌がそんなに増殖していないはずだという事。
つまり排菌も殆どないだろうという。

更に抗生剤の治療をはじめれば、更に排菌はなくなる。
抗生剤投与中では、まず菌を殺すか、菌自体が細胞の中に隠れてしまうので、
そうなればもう排菌される事はない。

治療方法は、
抗生剤2種類を投与する方向で行くが、
実は一般的に知られている抗生剤だと、お互いの働きを邪魔することが分かったらしい。
つまり抗生剤の効果が半減してしまうとのこと。

その場で感染症協会(名前違うかも)の先生に連絡をとってくださり、
今現在最も新しい治療方法を聞いてくれた、つまり最先端の治療方法を実施して下さるということ。
ただその時の方法だと、注射+内服薬という方法だった。
この方法をまず2週間毎日やらないといけないらしい。
ただ、毎日注射をしに通うのはかなり負担になるでしょうと気を使ってくれて、
現在注射の変わりになる内服薬を感染症協会の方に調べてもらっているところです。
月曜日には回答いただけそうです。

そして、治療の大きな流れもはまだ確定していなく、これについても感染症協会の方と相談し、最先端の情報の元に決めるらしい。
現在よく言われている治療の流れは色々とある。
抗生剤を3ヵ月投与⇒抗体検査 を繰り返す 陰性になった時点で薬を一旦やめて、3ヵ月毎の抗体検査のみにする。
1年間陰性を保てたら治ったとみなすとか、
抗生剤を1ヵ月投与⇒抗体検査 を繰り返す 陰性になって3ヵ月間保てたら治ったとみなす。
など病院の方針によってさまざまだ。

但し完治はやはり難しいらしい。
その理由として、菌をやっつける働きの細胞に取り込まれると、
普通の菌ならそのまま死ぬのだが、ブルセラ菌の場合細胞の中でも生き続けるらしい。
ただ、伝播力はかなり弱いので、厄介な病気ではあるがそこまで不安がることもない。
もっと怖い感染症は沢山ある、
例えば狂犬病がこのくらいだとして(ずっと上の方を指で指す)
ブルセラ症はこのくらい(ずっと下の方を指で指す)
と言ってました。

それならと思い、散歩について聞いてみた。
答えは、「しても平気」との回答でした。
理由は、まずニニの場合殆ど排菌はないだろう、それに治療を始めれば更になくなる。

もし外で排尿をしてしまったら消毒は有効かと質問したら、
勿論菌を殺すという意味でも有効だが、ほっておいても菌は紫外線で10時間くらいで勝手に死ぬらしい。
ただ近隣の方へ菌の処理をしているぞという、メッセージとしての役割の方があるかもしれないとの事。

そして、抗生剤投与で陰性になったら、他の犬との接触は可能なのかも聞いたところ、
これも問題ないだろうという。
ただ、その方への配慮も考え、今までの経緯を話した上で了承が得れたらにしましょうと。

!!
光明が見えた気がした。


大体1時間くらい丁寧にお話をして頂きました。
こんなにも患者の事に親身になり一生懸命に取り組んでくれる医師に初めて会えました!
(今までこんなに真剣になった事はないんだけどね)
本当に心の底からこの先生に全てを任せてみようって思えました。


診察が終わり、
駐車場に戻ったうちらは(特に俺)、今まで張り詰めていたものがふっと切れたのか、
思わず泣いてしまいました。
本件に関して絶対に泣くまいと思い、ずっと喰いしばってきましたが、
流石に今回の先生との出会い、やられました。


自宅に着き、
久しぶりにニニと散歩に出かけた。
一応マナーバンドと消毒などもろもろ持参してね。
因みにうちが使っている消毒液は次亜塩素酸ナトリウムを薄めたものです。

ニニの場合散歩中にマーキングをした事がなく、
散歩中の排尿も基本ないんですけどね。




その他の事。

8月以降にニニと接触したと思われる方へ連絡をした。
皆陰性だったみたいです、良かった!

ニニが利用したドッグランへ連絡した。
一度ランを閉じて消毒をして頂けたようです、素早い対応感謝します!

ニニを購入したブリーダーさん。
ブルセラ検査をした仔は全員ではないが、
今まで流産等なくみんな元気な仔を出産しているようなので、
みんな陰性だろうと思うとのこと、良かった!



そんな感じで着実に前へ前へと前進しています。



凄く読みにくい文章でごめんなさい。
今度イヌブルセラ症に関して得た情報を、
見やすくまとめるつもりです。


かなり長文になってしまいましたが、
ご一読感謝致します。

ニニ家一同より!



No.253 2008/11/10(Mon) 02:39    お病気 | comment :7

[ この記事へのコメント ]
ハハルア[URL]
一生散歩も他のワンコとも遊べないと
言われた時のお気持ちを思うと
胸がつまりました。
でも、光明が見えてきたということで
良かった!

遠くから見守ることしか出来ませんが
ニニちゃんの症状が早く良くなるように
祈っております。
No.807 2008/11/10(Mon) 09:48[edit]



のん[URL]
本当に良かったね。
TAkabONさんの涙は光明の涙だったんだから
いいんだよ~!!

これからまた治療とか色々大変だと
思うけど
あたしとチョビはniniくんと遊べる事日を
心待ちにしてるからね!!!

お誘いメールお待ちしております!!
No.808 2008/11/10(Mon) 15:42[edit]



mani-papa[URL]
よかったです。
私も安心しました。
まだ大変なこともあるかもしれませんが頑張ってくださいね(^^)

関係各所への連絡及び注意喚起、すばらしいです。
不安な中、そのような行動ができる人がいることを嬉しく思います。
ありがとうございます。

なかなか表面には出てきませんが、他にもいると思われるキャリア犬の飼い主様の助けになるいい記事だと思います。

気持ちを楽にして、ニニくんとの生活を楽しめることを祈っています。

No.809 2008/11/10(Mon) 21:14[edit]



Tsuge[URL]
ふーっ、

読み終えるまで、かなり緊張してしまいました。
前向きに考えられる要素が揃ってきて何よりです。
最先端の治療方法が、有効に作用してくれることをお祈りしています。

ところで二俣のランが、一時閉鎖らしいです。
ほぼ毎週利用していたので、今さら感たっぷりですが、
まぁ何もしないよりは良いと思います。
でも役所に畜犬登録しているのだから、
例えハガキ一枚でも
みんなにきちんとアナウンスしてくれればいいのに。と思います。

意識の高いオーナーさんが対応しているだけでは、
改善は難しいよなぁ。
No.810 2008/11/11(Tue) 18:02[edit]



TAkabON[URL]
>ハハルアさん
 応援ありがとうございます!!
 いつもいつもコメントありがとうございます。
 心温まります。
 このままドンドン良い方向へ進んでいくと信じています。

>のんさん
 男泣きしてしまいました!
 おお~、また遊んでくれるのですか、
 最高に嬉しい言葉です。
 良い友と出会えて幸せっす!!

>mani-papaさん
 ほんと色々とお世話になりました。
 教えて頂いた病院の先生、本当に素晴らしいですね。
 今思えばもっと早く連絡することも出来たところもありますが、
 当時はコレが精一杯でした。
 はい、あまり気を張り詰めず楽に気持ちで取り組んで行きたいと思います。
 応援ありがとうございます。

>Tsugeさん
 いよいよ明日から治療を開始する予定です。
 直ぐに良くなってくれる事を願ってます。
 二俣ドッグランの事申し訳ありません、ドッグランへ連絡したのは私です。
 連絡を入れた翌日に直ぐ消毒の対応して頂けたのは良かったのですが、
 そうですね、確かに利用者の方へは不自由な思いをさせてしまいましたね。
 せめてHPにでも一時閉鎖のアナウンス入れてくれると良いのにな~とは思ってました。
 早く再開してくれるよう願ってます。
 
No.811 2008/11/13(Thu) 00:22[edit]



Tsuge[URL]
あ、ごめんなさい。意図がうまく伝わってなかったです。

>みんなにきちんとアナウンスして
欲しいのは、犬の飼い主に向けた
病気に関する注意喚起情報です。
ランが使えないことなんて、まったく問題ではありませんよ~。
No.812 2008/11/13(Thu) 13:39[edit]



TAkabON[URL]
>Tsugeさん
 あ、すいません読み違えちゃいましたね。
 確かにそうですね。
 話がちょっとずれるかもですが、
 今度、獣医師会から一般の方へブルセラ症に関する講演会が浦安(?)でする予定らしいですよ。

 
No.813 2008/11/16(Sun) 02:47[edit]



[コメントの投稿]
name :
mail :
url :


password:
管理人のみ観覧可能にする



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。