上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. --/--/--(--) --:--    スポンサー広告 | comment :-

治療方法と、それにかかる費用(我が家の場合)です。



治療方法は、
千葉獣医師会感染症委員の先生のオススメの方法、全3タイプです。
ニニ家はタイプAで治療中です(現在5週間経ちました)。


タイプA
<テトラサイクリン系 + ストレプトマイシンの併用>
※ストレプトマイシンは注射のみしかありません。
 
  ・ドキシサイクリン 5mg/㎏
  ・テトラシクリン 30mg/㎏
  ・ミノサイクリン 2.5mg/㎏
   のうちどれか(ニニ家ではドキシサイクリンです)
          +
  ・硫酸ストレプトマイシン 10~50mg/㎏ 

 これらの組み合わせを2週間併用し、
 その後はテトラサイクリン系のみを4週間服薬。
 合計6週間。



タイプB
<リファンピシン + ニューキノロンの併用>

  ・リファンピシン 5mg/㎏ 
          +
  ・バイトリル(ニューキノロン) 10mg/㎏ 

 を6週間服薬。



タイプC
<テトラサイクリン + ニューキノロンの併用>

  ・テトラシクリン 30mg/㎏
          +
  ・バイトリル(ニューキノロン) 10mg/㎏ 

 を6週間服薬。


<抗体検査>
6週間の投薬後、
1~2ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、以降6ヶ月毎という流れです。
途中抗体価の上昇が見られたら投薬再開です。




治療にかかる費用(ニニ家の場合)は、

・内服薬が6週間分(1日2回) 約11000円
・注射1回に約1000円 × 14回(2週間) = 約14000円
・その他に診察があれば診察代がかかるでしょう。

全部で、
約25000円 +α ってとこでしょう。

因みにこの金額は保険適応前です。
アニコムしか調べてませんが、
イヌブルセラ症の検査で陽性と診断されたら、
それ以降のブルセラに関する診療全のてに保険の適応が利くそうです。




No.261 2008/12/17(Wed) 22:57    お遊び | comment :0

[コメントの投稿]
name :
mail :
url :


password:
管理人のみ観覧可能にする



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。